タオル掛けを見直して、床を濡らす“しずく問題”を解決

タオル掛けを見直して、床を濡らす“しずく問題”を解決 DIY

タオル掛けの位置と気になるしずく…

手洗い回数が増えたことで、浮上してきた困りごとのひとつに“しずく”の問題があります。

収納扉にタオルを掛けているのですが、このタオル掛けは省スペースな一方で、手を拭く度に水滴が床に落ちるのが気になります。

このしずくがスリッパや靴下を濡らしたり、モップ掃除の大敵になったりします。

マイクロファイバータオルで“びしょびしょタオル”対策!
手洗いの回数が増えてタオルがすぐにびしょびしょになってしまう…。交換頻度が増えたこの機会に乾きやすいマイクロファイバータオルに変えてみました。

タオル掛けの位置を見直そう!

そこで、この“しずく”問題を解決するため、タオル掛けの位置を変更することにしました。

次の2つの条件を満たすタオル掛けを探します。

  1. コンパクトに二つ折りで掛けられる
  2. 石膏ボード用、タイル用

洗面所のタオル掛け見直し

洗面所のタオル掛けです。

手を拭く度にクッションフロアにしずくが落ちます。

石膏ボード壁にピンで取り付けるLECのタオル掛けを購入しました。

約600円です。

ピン6本で固定します。大きなネジ穴をあける必要がありません。

ピンを押し込む道具が付いています。

早速、洗面台横の石膏ボード壁に取り付けます。

本体をテープで仮留めします。

付属の道具でピンを穴に差し込みます。

ぐらつきが無いことを確認したらキャップを取付けて完成です。

少し壁から浮くように設計されています。

キッチンのタオル掛け見直し

キッチンのタオル掛けです。

この位置だとフローリングにしずくが落ちます。

タイルへ取り付けるためにLECの吸盤タイプを選びました。

こちらも約600円でした。

シンク脇の小さなスペースに収まりました。

これでフローリングを傷める心配はなくなりました。

トイレのタオル掛け 取り外し後のネジ穴隠し

この機会にトイレのタオル掛けの位置も変更することにしました。

ただ、こちらは今のタオル掛けを取り外すと大きなネジ穴が残ってしまいます。

そこで、穴補修用のパテを用意。

ダイソーで見つけました。

近くで見るとこんな感じです。

上手く塗るのは難しいですね…。

新しいタオル掛けはセリアで買いました。

両面テープで簡単に取り付けできました。

パテで補修した箇所は思っていたより目立たなくて良かったです。

タオル掛けの位置を変えて“しずく”問題解決!

今回購入した3種類のタオル掛けはいずれも簡単に、そして小さなスペースにも取付けができるものばかりでした。

気になっていた“しずく”問題は、タオル掛けの位置を変えることで無事解決しました。

床を濡らす“しずく”が気になるときは、タオル掛け見直してみてはいかがでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました